ホーム > アンケート ⁄ モニターで貯める > えぶりアン > どんなジャンルの映画を観ますか?


Logo small

映画に関するアンケート

2015-11-30公開

どんなジャンルの映画を観ますか?

12月1日は映画の日。
1896年に日本で初めて映画が一般公開されたのを記念して、1956年に制定されました。
今回は、映画についてアンケートをしました。

  • テーマ:映画について
  • 有効回答数:1000サンプル
  • 調査期間:2015年10月28日 - 31日
  • 調査対象:全国男女
  • 調査方法:インターネット調査

あなたの映画を観る頻度を教えて下さい。(鑑賞方法は問いません) 単一回答 / 全国男女(n=1000)

あなたが観る映画のジャンルを教えてください。 複数回答 / 映画を観る人(n=837)

映画館で映画を観る頻度を教えてください。 単一回答 / 映画を観る人(n=837)

映画や映画館にまつわるエピソードなどがあれば教えてください。

  • 奥さんと趣味があまり合わず、僕の好きなくだらないコメディーを観に行くと「意味が分からなかった」となるし、奥さんの好きなアクションものを観ると僕が疲れ果ててしまうのでなかなか難しい。(愛知県:30代男性)
  • 映画を安く見られるのでありがたいです。歳なので1000円です。(神奈川県:60代男性)
  • 映画は映画館でしか観ません。テレビだと声が吹き替えになっているので、イメージが合わなくて楽しさが半減するからです。(熊本県:70代~女性)
  • 平日の初回は、貸切状態で映画を観れるのはとても気分が良い。 が、最近午前中から上映している映画館が少なくなってきたのは残念…。(北海道:50代男性)
  • 田舎の映画館で客が私一人でした。新しい映画館で見たのはスピルバーグの「AI」。ホラー映画でもなく新しい映画館なのに、あんなに大きい場所に一人は怖かった。空調の音でドキッとして、逆に映画に集中出来なかった…。(岡山県:30代女性)
  • 近くに映画館がないので、子供のころは親が映画を見に電車で行ったが記憶に残っている。映画の内容は忘れたが行き帰りの電車から見た海の光景や、親が買ってくれたお菓子などは良く覚えている。 (大分県:50代男性)
  • 私が子供の頃、映画館は何時間でもいることができたので(入れ替え制ではなかった)、好きな映画は2回は必ず観てました。(沖縄県:50代女性)
  • 映画館には子供と観に行くことが多いのですが、映画を見て子供の反応や感想を聞いたり話す時間が増えるので、映画を観るのが余計楽しくなります。また、映画館によってホップコーンの種類がちかうので、食べながら観るのが大好きです。(埼玉県:40代女性)
  • 昔は立ち見をするくらい映画館が混んでいたのに、今は近所の映画館がなくなるほどで寂しくなりました。しばらく映画館には行ってなかったのですが、子供が大きくなってきて定期的に映画館に行くようになってきました。(山梨県:30代女性)
  • 私は感情移入が激しく、だいたいの映画で涙を流してしまいます。映画が終わった後、自分一人だけが泣いていたとわかると少し恥ずかしい時があります…。(東京都:40代女性)
  • ポップコーンを購入して席に着こうと思ったら、カップをひっくり返してしまい全部ばらまいてしまい大変だった。(東京都:50代男性)
  • 映画館では前売り券を買ってから見ることが多いのですが、プレミアムシートが通常料金かを調べて上映映画館を決めることもあります。神奈川県と東京都では劇場入口が前から昇るタイプと後から下がっていくタイプと違うので、指定席でも東京型が使いやすいと思います。(神奈川県:50代女性)
  • いつも観に行く映画館が毎週金曜日、ペアなら一人1100円で観られるのでいつも観たい映画がある時は、金曜日の夜に夫と座席指定予約をして行きます。(東京都:40代女性)
  • アメリカに一人旅したときにポップコーンを食べながらアメリカ人気取りを味わったが、英語のヒアリングができずに意味がさっぱりわからなかった。(東京都:50代女性)
  • アナ雪を見にいった時、主人公がレットイットゴーを歌い出した時に、咳が出てしまい、顰蹙をかった。(東京都:40代男性)
  • 子供が独立するまでは、月に1回は映画を見に出かけていました。上映数の多い映画館で、それぞれのの好みの映画を鑑賞し、帰りの車中で感想を話し合って盛り上がりました。子供が小さいうちは、もっぱら「ドラえもん」でしたが、高校生にもなると「ジブリ」を見たり、字幕のほうで洋画を見たりと楽しい思い出が尽きません。(三重県:50代女性)
  • 実話をもとにした「es」という心理学の実験を題材にした映画があり、当時心理学者になりたかった高校生の私は、興味津々で映画館へ観に行きました。ところが、その映画を観て極限状態に追い込まれた人間の深層心理は非常に恐ろしいことを知り、映画を観終わって帰宅する際、周りの人々が恐ろしくて友人の腕にしがみつき震えながら帰宅したことを今でも鮮明に覚えています。結局、私には心理学者は向いてないと感じ、心理学者への道は断念しました。(北海道:30代女性)

今回は、映画についてアンケートをしました。
映画は、映画館や自宅などでテレビ放送やDVD、インターネットの配信サービスなど鑑賞方法が色々ありますが、みなさんはどのくらいの頻度で映画を観ているのでしょうか?
月に1回以上映画を観ている人は、27%という結果になりました。
では、映画を観る人たちはどのようなジャンルの映画を観ているのでしょうか?
「アクション(50%)」「SF・ファンタジー(50%)」「ドラマ(48%)」「ミステリー・サスペンス(41%)」が上位になりました。やはり、アクションやSF・ファンタジーの人気は強いものがありますね。
最近は映画館が減ってしまったり、映画館に足を運ぶ人が減っていると言われていますが、実際にはどのような状況なのでしょうか。映画館で映画を観る頻度をお聞きした結果、41%の方が「半年に1回以上」映画館で映画を観ているという結果になりました。自宅で好きな時間に好きな格好で映画を観ることができる時代ですが、やはり大きなスクリーンと大音量での音声で楽しむ映画はとても楽しいものですよね。

かつて映画は映画館で楽しむものでしたが、家庭にテレビがあるのが当たり前になり、ビデオやDVDなどの記録媒体の多様化やインターネット配信などメディアが増えて行ったため、映画館で映画を観るより、映画は自宅で気軽に楽しめるものに変化していきました。
今回のエピソードでは、映画を映画館で観ても、自宅で観ても、家族や夫婦の会話が増えるというものが多く見られました。同じ映画を観て感想を言い合ったり、別々の映画を観たなら良かったことを伝えあったりと、会話が弾む一つの要因になるのでしょうね。
映画の日には、家族団らんとして、夫婦やパートナー、友人とのコミュニケーションとして、一緒に映画を観るのもいいですよね。


【PR】PRはポイント対象外です。