ホーム > アンケート ⁄ モニターで貯める > えぶりアン > 今年のハロウィンに何かする予定は?


Logo small

ハロウィンに関するアンケート

2016-10-31公開

今年のハロウィンに何かする予定は?

10月31日はハロウィンです。日本でも年々盛り上がりを見せ、仮装のイベントやパレードも各地で行われていますね。
また、9月の終わりころからハロウィングッズやハロウィンにまつわる小物も多く売られるようになるため、ご家庭で飾って楽しんでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、ハロウィンについてアンケートをしました。

  • テーマ:ハロウィンについて
  • 有効回答数:1000サンプル
  • 調査期間:2016年10月9日 - 13日
  • 調査対象:全国男女
  • 調査方法:インターネット調査

あなたはハロウィンにまつわる行動をとったことがありますか? 複数回答 / 全国男女(n=1000)

今年のハロウィンに何かする予定はありますか? 単一回答 / 全国男女(n=1000)

あなたは、ハロウィンについてどのように感じていますか? 単一回答 / 全国男女(n=1000)

ハロウィンにまつわるエピソードがあれば教えて下さい。

  • 英会話教室に通っていた当時魔女の格好に仮装してパーティーに出席したことがある。前もってグッズを買ってきて、トイレで衣装を着替えて顔を白く塗って…。楽しかったな。(山口県:50代男性)
  • 近所の子どもたちがお菓子をもらいに回ってきて、とても可愛らしい仮装をして、少し恥ずかしそうに「トリックオアトリート」を言う姿が微笑ましかった。(千葉県:30代女性)
  • ハロウィンがまだそれほど流行ってない時に近所の子がお菓子を貰いに「トリック・オア・トリート」と来たが何のことかわからなかったのでお互いしばらく無言になり「失礼しました」と子どもたちが気まずそうに帰っていった。事情を後に知り慌ててお菓子を買ってあげに行った。(北海道:40代男性)
  • 16年前、まだ日本でハロウィンが盛んでなかった頃にアメリカに住んでいて、当時3歳の息子とハロウィンに参加した。息子にライオンの仮装をさせて、私は魔女の仮装をして街を歩き、息子は「trick or treat」と言ってお菓子をもらっていた。子どものためのお祭りでとても楽しかった。(滋賀県:40代女性)
  • 私の通っているスポーツジムでは、毎年10月にハロウィンの仮装をしてレッスンに出る日が あります。オレンジ色のTシャツを着ているだけの人もいれば、本格的な仮装をする人もいます。若い人もご年配の方も、みんな思い思いの格好でハロウィンを楽しんでいます。(滋賀県:50代女性)
  • 子供たちが小さい頃に地元でハロウィンパレードのお祭りが始まった頃で、パレードに付き添って参加しました。町中のいろんな場所でお菓子やジュースや菓子パンなどをもらいながら、主催者の方々の派手な仮装も楽しめ、参加者みんなで列を作って練り歩くので、一体感を感じとても楽しかった。(神奈川県:50代女性)

今回は、ハロウィンについてアンケートをしました。
まず、ハロウィンに仮装をしたり、イベントに参加したり、飾り付けをしたりとハロウィンにまつわることをしたことがあるかお聞きしました。
65%の方々が「特にしたことはない」ということでしたが、ハロウィンにまつわることをしたことがあるというみなさんは、「ハロウィングッズを買ったことがある(14%)」「ハロウィンに関するお菓子を買ったことがある(13%)」「お菓子をあげたことがある(11%)」「お菓子をもらったことがある(11%)」といったことが多く挙げられました。
では、今年のハロウィンに何かする予定のある方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?
「予定がある」という方は5%程度でした。また、「予定はないが、何かしたい」という方は13%という結果になりました。
最後に、近年盛り上がりを見せるハロウィンですが、みなさんはハロウィンについてどのように感じているのでしょう?
「好き(14%)」「嫌い(18%)」「どちらでもない(68%)」という結果になりました。「一部地域だけで盛り上がっているだけでは」といったご意見がありましたが、地域によってはまだまだ身近なものではないということでしょうね。

ハロウィンは元々古代ケルト人が起源と考えられている秋の収穫をお祝いしたり、悪霊を追い出す意味合いのある宗教的なお祭りでしたが、現代では本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなり、特にアメリカでは民間行事として定着しています。
日本では、東京ディズニーランドで始まったハロウィンイベントや神奈川県川崎市での「カワサキ ハロウィン パレード」が1990年代後半に始まり、そこからハロウィンイベントの開催が徐々に各地に広まっていったといわれているそうです。
幼稚園・保育園の行事に含まれていたり、マンション内の子供向け行事になっていたりと、身近なところでもハロウィンが行われるようになったようで、そのようなエピソードも多くいただきました。
一方、本来の宗教的意味合いとは全く異なるイベントとして日本では行われているために違和感を持つという方、街中での騒ぎなどの問題から不快感を持つという方も多くいらっしゃいます。
しかし、日本にも江戸時代頃に盛んだったといわれる「節分お化け」という仮装をする行事が一部地域であったそうですし、また日本人は他の文化に対して寛容とも言われていますので、もう少しするとクリスマスのように受け入れる人が多くなっていくのかもしれませんね。