ホーム > アンケート ⁄ モニターで貯める > えぶりアン > 家計簿をつけていますか?


Logo small

家計簿に関するアンケート

2016-11-14公開

家計簿をつけていますか?

家庭の収支などを記入する帳簿である「家計簿」。家計状況の把握や節約に役立てるためなど様々な理由で家計簿をつけている人も多いのではないでしょうか。
最近では、レシートの撮影をして家計簿をつけていくスマートフォンアプリも充実しているため、以前より簡単に家計簿をつけることができますよね。
そこで今回は、家計簿についてアンケートをしました。

  • テーマ:家計簿について
  • 有効回答数:1000サンプル
  • 調査期間:2016年10月20日 - 24日
  • 調査対象:30歳以上男女
  • 調査方法:インターネット調査

あなたは普段、家計簿をつけていますか? 単一回答 / 30歳以上男女(n=1000)

どのような家計簿を使っていますか? 単一回答 / 家計簿をつけている人(n=275)

家計簿をつける頻度を教えてください。 単一回答 / 家計簿をつけている人(n=275)

家計簿にまつわるエピソードがあれば教えて下さい。

  • 母がいつもつけていて、ボーナスの時にはボーナスページを作って収支管理をしていた。そのページにはお疲れ様とかありがとうとか書いてあって、誰が読むわけでもないのにこういうコメントを書いちゃう母は素敵だと思った。(東京都:30代女性)
  • 新築の家を建てたときに節約と状況を知るため家計簿を細かくつけてみましたが、つけてみてこんなに食費、外食費にかかるのかとげんなりし、そこでやりくり頑張ろうと思えればいいのですが、そんなの知りたくなーい!とやめてしまいました。(千葉県:30代女性)
  • 独り暮らしをはじめた時から家計簿をつけ始めました。きっかけは雑誌の付録の家計簿がとても使いやすかったから。今まで続いたのはこの家計簿が使いやすかったお陰です。(東京都:40代女性)
  • もう三十五年位前の話だが、大学に進学して東京で一人暮らしをしている時、家計簿を日記代わりにつけていた。親からの仕送りを大切に使うため、収支を記入しその日にあった出来事を四年間記録し続けた。今も折に触れ読み返すと自分の若かった頃に逆戻りできて非常に楽しい。(三重県:50代男性)
  • 生協のモニターを20年ぐらいしていましたが、家計管理に役立ちましたし、節約にも役に立ちました。NHKのラジオで節約の統計を送ったところ放送されたり、朝日新聞日本経済新聞にも載りました。現在は年金生活で貯金もする必要はないので、家計簿をこまめにつける必要もなく、大まかな家計で充分だと思い、つけていません、再開するのもいいかなとも思っています(群馬県:60代女性)
  • つけ忘れてしまうとめんどくさくなってしまうし、便利なのでスマホのアプリとでレシートスキャンと手書きでその日の買い物の合計の金額を書いてます。アプリは、グラフなどで支出がわかりやすいのでお気に入りです。バグがちょっと問題ですけど。家計簿はやはり、金銭のながれをつかむために必要だと思います。(奈良県:30代女性)
  • 手書きは面倒で続かないので、レシートを貼るタイプの家計簿を始めて5年経過。レシートを貼ることで、どんな店で何を購入して、いくらかかったかわかりやすい。よく購入する物のジャンルもわかるようになった。私の家庭では飲み物(主にお酒類)、 スーパーの惣菜、お菓子、調味料や日用品をよく購入しているので、毎月それぞれいくらかかっているのか計算している。 あと、おいしかった食べ物や飲み物をどの店で購入したか、レシートだと遡って調べることができるのでそれもまた面白い。(奈良県:30代女性)
  • 最初は面倒で数字を見る度にゾッとしていましたが、ノートの1番上に目標をかかげてからは、不思議と頑張れています。夫と家計簿を一緒につける事で家庭の出費も把握できるし、今では夫婦で家計簿をつけるのが楽しくて仕方ありません。(福岡県:30代女性)
  • 残高が合わないとすっきりしないので、細かいところまで記録するのはやめた。時々ざっくりと、把握する為のどんぶり勘定をするようにした。(愛知県:40代女性)

今回は家計簿についてアンケートをしました。
まず、どのくらいの方が家計簿をつけているかをお尋ねしました。
半数以上の55%のみなさんは家計簿を「つけていない」という結果になりました。家計簿を「つけている」という人は28%ほどでした。
家計簿をつけている人たちはどのような家計簿を利用されているのでしょうか?
もっとも多かったのは「手書きのもの(51%)」でした。以前よりつけているという方は、手書きのものが一番使いやすいのでしょうね。
続いて「パソコンで入力するもの(38%)」でした。こちらは詳細はお尋ねしていませんが、エクセルで必要な項目を作って使っているという方や家計簿ソフトをお使いの方と様々なようでした。
最近利用者が増えているのでは?と言われていた、銀行やクレジットカードの情報と連動したWEBサービスの家計簿やスマートフォンの家計簿アプリをお使いの方はいずれも1割に満たないという結果になりました。
最後に、家計簿をつけている方は、どのくらいの頻度でつけているのでしょうか?
もっとも多かったのは「ほぼ毎日(48%)」という結果に。みなさんのコメントなどでは、「日記のように毎日つけないと気持ち悪い」「お金を使ったらすぐにつけないと忘れてしまう」などのご意見がありました。
確かに数日経ってしまうと忘れてしまって、収支が合わなくなってしまう…なんてこともありますものね。
残りの方も、多くの方が週に1回以上家計簿をつけているという結果になっています。

家計簿をつける理由としては、やりくりのため、家計の見直し、無駄な出費を減らしたい、日々の暮らしの記録として、などが主な理由でしょうか。
ただ、毎日のように記入・入力が必要なため、家計簿をつけることをやめてしまったという方も少しいらっしゃいましたね。
昔からある手書きのものが今も人気ということがわかりましたが、家計簿をつけることが必要だと思っているのにつけていない・やめてしまったという方は、スマホのアプリやWEBサービスを利用されるのもいいかもしれませんね。
アプリやWEBサービスの場合、ご自身の行動記録などプライベートな情報も提供することになりますが、個人を特定するものではないためそんなに心配せずにご利用いただけるのではないでしょうか。
家計簿をつけなくてもやりくり上手な方も多くいらっしゃいますが、家計簿をつけている家庭とつけていない家庭では、貯蓄額に100万円以上の差があるといった調査結果も出ているそうです。
ちょっと見直してみようと感じられた方は、ご自身に合った家計簿ツールを見つけて、家計簿をつけてみてはいかがでしょう?


【PR】PRはポイント対象外です。