ホーム > アンケート ⁄ モニターで貯める > えぶりアン > パスワードはサイトごとに異なるものにしてる?


Logo small

パスワードに関するアンケート

2017-03-16公開

パスワードはサイトごとに異なるものにしてる?

ウェブサイト上で使われるIDとパスワードが不正に利用される被害が増えています。
特にパスワードは、ウェブサイトごとに違うものを使うことが推奨されていますが、どのくらいの方が実行されているのでしょう?
そこで今回は、パスワードについてアンケートをしました。

  • テーマ:パスワードについて
  • 有効回答数:1000サンプル
  • 調査期間:2017年2月21日 - 22日
  • 調査対象:全国男女
  • 調査方法:インターネット調査

あなたは、IDやパスワードをどのように管理・記憶していますか? 複数回答 / 全国男女(n=1000)

あなたは、1つのサイトのパスワードをどのくらいの頻度で変更していますか? 単一回答 / 全国男女(n=1000)

全てのサイトでパスワードを変えることが望ましいのですが、実行していますか? 単一回答 / 全国男女(n=1000)

パスワード管理方法、その他パスワードにまつわるエピソードがあれば教えてください。

  • 自分の生年月日をパスワードに使用しない、自分に関係のあることをパスワードに使用しない、セキュリティソフトを使うなどして注意している。(神奈川県:30代女性)
  • 何種類かで使い分けているが、どれが何だかわからなくなり、結局問い合わせたりすることも。(愛知県:30代女性)
  • 分かりやすいものは絶対に使わない。そのため自分自身でも分からなくなることもあるという落とし穴に注意する必要あり。(青森県:40代女性)
  • 変更すると覚えていられないから、警告が出てから変更する。(東京都:40代女性)
  • 紙に残すと誰かに知られる可能性もあるし、自分自身が紛失する可能性もあるので、なるべく覚えておくようにしています。ただいろいろなパスワードがあるので、自分自身どれだったかわからなくなることがあるので、私以外の家族にまつわる数字など、予測できるようなものにしています。(東京都:30代女性)
  • 気をつけてる、最近はサイトごとに違うパスワードを使うようにしている(熊本県:40代男性)
  • 一般のパスワード保管は、一覧表を作成しUSBフラッシュメモリー及び一覧表印刷で保管している。但しネットバンキング等は、書き込み用専用一覧表を作成しIDやパスワードは手書き記入としている。(北海道:70代~男性)

今回は、パスワードについてアンケートをしました。
ログインが必要なウェブサイトでは、基本的にIDとパスワードを使いますが、ログインが必要なウェブサイトの利用が多すぎて、管理や記憶することが大変ですよね。
みなさんはどのようにして管理・記憶しているのでしょうか?
お聞きしたところ、「自分で記憶(57%)」「紙にメモ(42%)」が多いという結果になりました。
自分で記憶しておくというのは問題ないことですが、「紙にメモ」はちょっと危険な方法と言われているので、メモの管理も大事ですね。
パスワードを不正に利用されないためには、パスワードをこまめに変更することも良いと言われています。
みなさんにどのくらいの頻度で、パスワードの変更をしているのかお聞きしたところ、「警告が出たら(39%)」がもっとも多い結果になりました。
実はパスワードの定期的更新については、セキュリティが高まるという理由にはならないという意見も多くあり、ログインが必要なウェブサイトによっては推奨していないこともあります。
ただし、「あなたのパスワードが不正利用された可能性があります」といった警告があった場合は、速やかに変更をしてくださいね。
また、パスワードはウェブサイトごとに違うものを使うよう推奨されていますが、実行していますか?
お聞きしたところ、「全て異なるパスワードを使っている」と回答された方は、19%という結果でした。大半の方は複数のパスワードを使いまわしているとのことでしたが、なんと22%の方が「パスワードはほぼ同一」と回答されていました。
パスワードリスト攻撃をされた場合、複数のウェブサイトで被害に合うことが予想されますので、同じパスワードで利用することは控えましょう。

今年1月に、2016年にインターネット上でもっとも多くの人が使っていたパスワードは「123456」と発表されました。
数字の並びのほか、「password」や「qwerty」、「football」なども相変わらず多くの方が設定しているとのことで、警告をされています。
パスワードは、複数の文字種類を組み合わせたものを使うことが推奨され続けていますが、世界的に見ても守っていない人がまだ多いということでしょうね。
複数のサービスで同じIDとパスワードの組み合わせは使わないこと、パスワード管理用のソフトなどのパスワードマネージャーを使ったり、ランダムなパスワードを生成してログインするツールを使ったりすることなど、一人ひとりが意識してパスワードを使うということが、インターネット上の乗っ取りや攻撃から守る重要なポイントです。
自分は大丈夫~と思わず、時折セキュリティ情報をチェックして、今のパスワード設定の状況の見直しをして、安心してインターネットサービスを利用していきたいものですね。