ホーム > アンケート ⁄ モニターで貯める > えぶりアン > セルフメディケーションって知ってますか?


Logo small

セルフメディケーションに関するアンケート

2017-04-10公開

セルフメディケーションって知ってますか?

「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」をセルフメディケーションと言います。
寿命だけでなく、健康寿命が大切とされる今、セルフメディケーションが注目されています。今年から、市販薬(OTC医薬品)を購入した際に所得控除を受けられる「セルフメディケーション税制」も始まりました。
そこで今回は、セルフメディケーションについてアンケートをしました。

  • テーマ:セルフメディケーションについて
  • 有効回答数:1000サンプル
  • 調査期間:2017年3月19日-21日
  • 調査対象:20歳以上全国男女
  • 調査方法:インターネット調査

あなたは、体調が悪いとき主にどのように対処していますか? 単一回答 / 20歳以上全国男女(n=1000)

あなたは、医療機関に頼らず、ドラッグストアなどで購入できる市販薬を使って、軽い病気やけがの手当てをすることを「セルフメディケーション」ということを知っていますか? 単一回答 / 20歳以上全国男女(n=1000)

今年2017年1月から、特定の市販薬を購入すると減税される「セルフメディケーション税制」が始まったことを知っていますか? 単一回答 / 20歳以上全国男女(n=1000)

市販薬やセルフメディケーション、セルフメディケーション税制についてご意見やエピソードがあれば教えてください。

  • よく買い物に行っているスーパーマーケットの中のドラッグストアで、セルフメディケーション医薬品にはレシートにその旨印字されていることを教えてくれた。(千葉県:70代~男性)
  • 賛成です。今までは薬局で薬を買うより診察を受けて、処方箋で薬を買えば医療保険で買えるし、医療費控除の対象になるから負担を少なくできた。医師の診察を受けるのは膨大な待ち時間を覚悟しなければいけない。時間を取れなくて受診できない人、医師に係るほどでもないのに、医療費が安いからと安易に受診する人とのバランスが偏っていたと思う。(山形県:60代男性)
  • 市販薬を購入した時のレシートなどを保管したり、最終的に申請するのに記入するのが少し面倒に感じる。(新潟県:30代女性)
  • 対処療法の薬剤や成分に限られて、本来のセルフメディケーションに必要な漢方などが含まれてないところがとても疑問。 漢方などに適応できれば、日頃から体調を調整して病気になりにくい体作りができるのではないか?(沖縄県:40代男性)
  • 対象になる医薬品とならない医薬品の内容の差がイマイチよくわからない。レシートを見ればわかるのだが。(神奈川県:50代女性)
  • 軽い症状で病院にかからないように、市販薬で治すと言うことは分かるのですが、年間の額が大きくて、市販薬をこんなに買わないなと思ってしまいました。(東京都:40代女性)
  • 高齢化の今、医薬関係の支出を国家的に減らすには良い 手段。ただ、高齢者が薬ではなく、病院にいく傾向があるので、どのくらい効果的かは懐疑。(千葉県:30代女性)
  • まだ始まったばかりで、自分にとってどう活用できるかよくわからないところであり、これから検討してみたい。(東京都:60代男性)

今回は、セルフメディケーションについてアンケートをしました。
みなさんは体調が悪いとき、主にどのように対処されているのでしょうか。
お聞きしたところ、「食事や休息で様子を見ることが多い(49%)」ともっとも多い結果になりました。体の不調は、疲れなどから起こることが多いため、まずは食事と休息という方が多いんでしょうね。
その他、「市販薬を使うことが多い(28%)」「医師の診療を受けることが多い(23%)」という結果でした。
では、軽い体の不調を自分で手当てすることである「セルフメディケーション」ということをどのくらいの方がご存知なのかお聞きしたところ、「知らない(51%)」「言葉も内容も知っている(15%)」「言葉を聞いたことがある(34%)」という結果でした。ドラッグストアや医院などでも見かけることがある言葉ですが、認知度としては低いようですね。
最後に、今年から始まった「セルフメディケーション税制」が始まったことについてお聞きしました。
こちらも「知らなかった」人が59%ともっとも多く、「知っていた(20%)」「聞いたことがある(22%)」とまだ情報が広まっていないという印象でした。

セルフメディケーション税制は、定期健康診断などを受けている人が、2017年1月1日以降に市販薬のうち、医療用から転用された特定成分を含む医薬品を、年間12,000円を超えて購入した際に12,000円を超えた部分の金額について所得控除を受けることができる制度です。
一部の市販薬に限られますが、対象の製品の多くに「セルフメディケーション 税 控除対象」とマークが入っていますし、購入店で発行されるレシートにも対象製品に★などのマークがついていたりとわかりやすくなっていますので、市販薬の購入の際にはチェックしてみてくださいね。
軽い身体の不調を市販薬などにより自分で手当てをすることは、自分自身の生活の質(QOL)改善に役に立ちますし、国の財政を圧迫している医療費の適正化にもなります。
自分の身体のことをよく知るということにもつながるセルフメディケーション。市販薬の購入の際にも、ちょっと意識をしてみてはいかがでしょうか。


【PR】PRはポイント対象外です。